応援します!! あなたのカーライフ 安心と信頼のJU長野にお任せください!





トップページ > 中古車購入Q&A > 解決!?質問・相談コーナー

中古車検索

JUショップ検索

JU長野のご紹介

中古車Q&A

JU長野からお知らせ

お問い合わせ

 このコーナーでは皆様から寄せられた質問をまとめ、その中から代表的なものをできるだけわかりやすく、Q&Aという形で紹介しております。ここに掲載されていないことで疑問に感じたことや、納得できないことがあったら、JU宛にメールしてみてください。100%お答えできる訳ではありませんが、できるだけ、ご質問にお答えしていきたいと思います。

解決!?質問・相談コーナー

買った後排気量に違いがあることがわかった

Oサンは車を買う時に排気量2000ccということで購入しましたが...... あとで1800ccだったということがわかりました。

この場合、自動車を販売店に一度引取ってもらい、さらにお金を返してもらえるでしょうか。また、逆に損害賠償を請求したりすることもできるでしょうか?

動車のエンジンの排気量が実際にどれくらいなのかはふつうの人には容易に確認することはできないでしょう。

したがって、2000ccだと思って買った車の排気量が1800ccだったということは隠れた瑕疵に当ります。

 そして、1800ccのエンジンの自動車はどのようにしても2000ccの自動車にはなりませんから、Oさんは、2000ccのエンジン付きの性能を持つその自動車を手に入れるという契約の目的を達成できないことになります。

 上記理由から、Oさんは、売買契約を解除して、自動車の引取りと代金の返還を販売店に請求することができます。

買った後で塗装が再塗装であることがわかりました

買った車の塗装が後で再塗装であることがわかりました。

 この場合、自動車を販売店に引取ってもらい、代金の返還をすることができるでしょうか。また、損害賠償を請求することができるでしょうか???

新車の時のままのものであると思った塗装が再塗装されたものであったということは、排気量の件と同様にやはり隠れた瑕疵に当るでしょう。

 しかし、再塗装されたものであったことによって、Oさんが「その自動車を購入した目的を達成することができなくなった」とはいえないかもしれません。再塗装を必要とした原因がなにかにもよりますが、一般的には、特定の車両状態を表示した書面などによって説明された品質、性能をその自動車が備えていれば、たとえ再塗装された自動車であっても、Oさんがその自動車を購入した目的は達せられたと見るのが相当だからです。

 そうだとすれば、Oさんは、契約を解除することまではできず、損害賠償のみができることになります。その場合の損害がなにかもまた問題ですが、再塗装車であることによってその自動車の通常の取引価格がAさんの実際の購入価格より安くなる場合には、その差額をOさんの損害とすることができるでしょう。

買った後で重要な部分が壊れていた・・・

購入直後からハンドルをとられるため、近くの修理工場に入れ見てもらうと、修復歴車であることが分かりました。この車では危なくて乗れないのでキャンセルできないでしょうか。
修復歴を表示せず、隠して取引きしたのであれば契約の無効、取消しは可能です。

自動車公正競争規約で定義されている箇所の修復歴を表示せず、隠して取引きしたのであれば、そのような修復歴は取引上重要な意味を持つので、ハンドルが取られるか否かと関係なく、契約の無効、取消しの主張は当然であり、販売店はこれに応じる必要があります。

修復歴車であることを告げずに販売された

販売店に「保証期間が過ぎているので応じられない」と言われました。

 オイル交換をガソリンスタンドでした際、修復歴車であることを指摘されました。販売店にこの旨を伝えると「保証期間が過ぎているので応じられない」と言われました。修復歴車であることを告げずに販売しても、保証期間が過ぎた車はクレームを申し出ることはできないのですか。

修復歴があるならば、保証期間とは関係なく販売店は対応するべきです。

 自動車公正競争規約で定義されている部位についての修復歴があるならば、保証期間とは関係なく、設問1の場合と同様の考え方で対処すべきです。

走行メーター問題

オークション出品車輌走行距離情報公開

走行メーター巻き戻し問題に喝!!

先頃の走行メーター巻き戻し問題が続く中、JU長野はメーター巻き戻し問題を強化する と供に、メーター巻き戻しの撤廃を唱えてまいります。
 日本オートオークション協議会 近年における中古自動車の走行メーター巻き戻し問題に対処する為、「オークション事業者連絡協議会」が運営する「中古車オークション事業者間ネットワークシステム」と (社)JU中販連を母体とする「日本走行管理協議会」の「走行管理・個別検索システム」を 一本化させ、走行距離に関する資料を一般ユーザーにも情報公開することとなりました。
日本オートオークション協議会では、全国に約150会場あるオークション会場をネットワークで結び、そこに出品される中古車のデータを管理し、出品車輌の車歴を検索、不正 車輌の排除を図ると供に、中古車販売店等からのデータも蓄積されています。
JU長野ではユーザーからのお問い合わせ窓口となっております。貴方の購入したお車の走行メーターに疑問がございましたら、お問い合わせください。